老後の資金は自身で積極的に運用!もうひとつの年金を作る

個人型確定拠出年金が導入された経緯

近年話題になっている個人型確定拠出年金は、老後余裕のある生活を送る手助けになる制度です。以前から公的な年金制度として会社員の場合は国民年金と厚生年金がありましたが、給付水準の低下などにより、それらの年金だけでは生活資金をカバーしきれないケースが予想されるようになりました。

そこで確定個人年金や企業年金などの他に、個人で掛け金を拠出し、運用益を積み重ねることで将来の給付に役立てられる制度として個人型確定拠出年金制度が始まりました。

公的な制度ならではのメリット

個人的に投資信託などを積立で購入していくのとどう違うの?という質問をよく耳にしますが、個人型確定拠出年金には有利に運用を行う上でのメリットがあります。それは掛金が所得から控除されることです。保険の支払いなどと同じように、拠出した金額が所得にされないことから、住民税などを低く抑えることができるのです。会社員として生活をしていると住民税の存在はあまり気にならないものですが、アルバイトやフリーランスで働く人にとっては非常に大きな関心事です。

また、運用益に税金もかかりません。長期で拠出を行うことで、NISAよりもずっと大きな額の投資を非課税で行えるのです。

老後の資金にも格差が生じる時代

ひと昔前と比較して、個人が資産運用を行うことが一般的になりました。さらに公的年金の給付水準が引き下げられることも相まって、将来的には退職後の収入にこれまで以上の格差が生じる事が考えられます。人生の最後を幸せに生きるためにも、早い段階からの準備が必要なのかもしれません。個人型確定拠出年金は、その準備の方法の一つです。

個人型確定拠出年金は、加入者の職業などによって拠出できる金額は変わりますが、1年間で14万4000円~81万6000円となっています。