社会労務士の仕事内容と働き方ってどうなっているの?

社会労務士の仕事内容とは?

社会労務士の仕事内容は、各種書類の作成やその書類の提出代行、帳簿作成などです。具体的には健康保険や雇用保険、労災保険の加入や脱退、給付手続きなどを行う労働社会保険諸法令に基づく書類の作成や提出代行で、これらの業務は1号業務といわれています。他にも労働者名簿や賃金台帳の作成、就業規則や各種労使協会の作成等の労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成である2号業務があります。

また社会労務士は書類の提出代行、帳簿作成以外にも、コンサルティング業務を行っています。コンサルティング業務とは、人事配置や資金調整、企業内教育などの人事や労務に関するコンサルティングで、3号業務と呼ばれています。

この3つの内、1号業務と2号業務は社会労務士の独占業務となっているので、社会労務士の資格がない人は行うことができません。3号業務はドK戦業務ではないので、社会労務士の資格がなくても行うことができます。

社会労務士の働き方とは?

社会労務士の働き方は、独立型と勤務型の2つに大きく分かれます。独立型は資格を取得して自分で開業するケースです。一方、勤務型は社労士法人勤務と企業内社労士の2つにさらに分かれます。

独立開業のメリットは、通信環境など最低限の設備が整っていれば自宅でも開業でき、働いた分だけすべて自分の収入になることです。社労士法人で勤務することのメリットは、複数の社労士が在籍しているため専門性が高く、顧客からの信頼も高いところです。企業内社労士として働くメリットは、安定した環境や収入、福利厚生があるといえます。

社会保険労務士の就業規則は、一人ひとりの従業員の勤怠管理を適切に行う上で大いに役に立つことがあります。