メリットがたくさん!イデコで老後資金をつくる

個人型確定拠出年金(イデコ)とは?

個人型確定拠出年金(イデコ)とは「加入者が毎月掛け金を出して、その掛け金で金融商品(投資信託・保険・定期預金)を運用し、60歳以降に運用した資産を受け取る」という制度です。基本的に20歳以上60歳未満の方なら、誰でも加入できます。掛け金は毎月5000円からなので、まとまったお金を準備できなくても大丈夫。掛け金は年1回まで変更でき、拠出の休止・再開はいつでも可能なため、積み立ての途中で収入が変わっても臨機応変に対応できます。イデコは、老後の資産形成に役立つだけでなく、税制上のメリットも多い制度です。

メリット1.所得税・住民税が安くなる

イデコで積み立てた金額は、全額が所得控除の対象となるため、所得税・住民税の負担が軽くなります。例えば、所得税10%・住民税10%の方が、毎月1万円・年間で12万円の掛け金を拠出したとすると、年間2.4万円の節税が可能です。

メリット2.運用益が非課税になる

運用期間中にイデコで得られた利益には、税金がかかりません。通常、投資信託の運用益や定期預金の利息には、約20%の税金がかかります。つまり、運用で20万円の利益を得た場合4万円くらいの税金を支払わなければなりませんが、イデコなら非課税のため、20万円まるごと自分の利益になります。

メリット3.受け取る際にも控除あり

運用した資産は原則60歳以降に、一時金または年金の形式、金融機関によっては一時金と年金を併用した形式で受け取ることができます。いずれの形式を選択しても税制上の優遇が受けられ、一時金なら退職所得控除・年金なら公的年金等控除が適用されます。

イデコ積立金は全額所得控除の対象となり人によって所得税・住民税軽減ができるメリットがあります。しかし、トータルで節税効果が大きいかどうかは人によって違うので、個々に調べた方が良いでしょう。