新しい資金調達の方法として注目されるファクタリング

ファクタリングとは?

ファクタリングは最近注目されている資金調達の方法の一つであり、企業が保有している売掛金を業者が買い取ってくれることでスピーディーに現金を手に入れることが出来ます。経済産業省が積極的に周知したことによって中小企業を中心に急激に広まった資金調達方法です。

利用者とファクタリング会社で取引が完結する2社間ファクタリングと、更に売掛先企業が関わる3社間ファクタリングといった方法があります。

ファクタリングのメリットとデメリット

中小企業を中心に急激に広まったファクタリングにはメリットがいくつもあります。銀行融資が断られてしまったような企業でも資金調達をすることが可能であり、数日で現金を手に入れることが出来るのです。

デメリットとしてはファクタリング会社を利用することで手数料が発生してしまうことと、ファクタリング会社の中には悪質な業者も存在しているのでトラブルが起きてしまう恐れがあるということです。そのため、ファクタリングを利用する際には良く考えてから行うことが大切です。

悪質な業者を避けるためのポイント

ファクタリングは新しい資金調達の方法として注目されていますが、一方で急激に増えているファクタリング会社の中には悪質な業者も存在しているので注意が必要です。

悪質なファクタリング会社を避けるはいくつかの方法がありますが、手数料が不明瞭な業者は避けることが大切です。また、手数料が高過ぎたり安過ぎたりするような業者も避けるようにしなければなりません。手数料の相場は15%~25%程度が相場となっていますので、相場から外れた手数料を設定しているファクタリング会社が避けることが大切です。

ファクタリングを利用すれば、回収にタイムラグが出る代金(売掛金)が手早く回収できます。急な資金が必要な時も、すぐに対応できるので資金繰りの改善が期待できます。