イラストが上手く描けない!イラストが上達する練習法とは

まずは沢山のイラストをトレースしてみよう

イラスト初心者の場合、まずは好きなイラストをトレースするところから始めてみましょう。手描きならイラストの上にトレース用紙を重ね、トレース用紙の上からイラストをなぞります。トレースを繰り返すことによって、初歩的な線の描き方の練習になります。また、パソコンでイラストを描く際にもこのテクニックが利用できます。

トレースに慣れたら模写をしよう

ある程度線の引き方に慣れたら、次は好きなイラストをそっくりに模写する練習をしてみましょう。トレースと違い対象のイラストを良く見て、観察するうちに自然に全体の構図や、人体なら体のバランスなどを覚えていきます。キャラクターの目や口など、細かいパーツの描き分けの練習にもなります。

人の体の仕組みを学ぶ

キャラクターのイラストを上手く描くために一番重要な要素は、身体のバランスです。バランス良く描くためにはまず体の仕組みを勉強しましょう。骨格や筋肉、関節の動きを知ることで色々なポーズの参考になりますし、骨格をイメージして描くことで、自然と身体のバランスが取れるようになります。解剖学レベルで学ぶ必要はありませんが、最低限骨格と関節の動きは知っておくとリアリティーが増します。

それでも中々上達しない時は

線の引き方や体の仕組みを理解しても、中々上達できないと思う時は、イラストの描き方を学ぶ通信講座を利用するのも手段の一つです。専用の教材を使用し、実際のイラストレーターから教わることが出来るため、分かりやすくみるみる上達していきます。講師に教わることで自分の苦手な部分も客観的に分かりますし、苦手な部分を繰り返して勉強することも可能です。どうしても上手くいかない時には検討してみましょう。

イメージ通りに上手に絵を描けるようになりたいと思った方、そんな方はイラスト講座を探してみるといいかもしれません。