土地の境界トラブルはどうする?注文金額より高い請求が来た時はどうする?

新しく購入した土地の境界線がはっきりしない

新たな地で住宅を建てる時にはまず土地を購入しなければいけません。最初に地域などを決め、不動産屋などと相談しながら条件に合う土地を探していきます。いい立地で相場よりも安ければ申し分なく、少し勇み足で購入を決めてしまうときもあるかもしれません。その時に起きやすいのが隣との境界線トラブルです。売りに出されているときの情報を鵜呑みにして登記情報などを確認していないと、後で隣とトラブルになるときがありその時には境界線を確定させる必要があります。個人同士での話し合いだとなかなか進展せずに新居の建築に影響するときもあるので、弁護士に相談をしてこちらの主張通りの境界線を得るようにしましょう。過去の登記情報をチェックしたり、新たに境界線を決め直すときもあるようです。

希望していない設備をつけられて請求される

住宅を購入する方法に注文住宅があり、この方法であれば購入者の希望の間取りや設備での住宅造りが可能です。購入者は建築の素人が多いでしょうから希望を専門家に伝え、それを元に専門家が設計を行って行きます。完成した設計図をもとに実際に建築工事に入っていきますが、良くあるのが工事変更による金額の変更でしょう。当初の見積もりは当初の設計を元に計算されますが、工事変更があればその都度金額も変更され最終的な請求額にも影響してきます。もし納得いかない請求が提示されたのであれば弁護士に相談するようにしましょう。希望していない設備が勝手につけられてその分請求額が多くなっているときがあり、それを払う必要があるかどうかの話し合いをしてもらえます。

ミカタとは、自分の属する側であり、自分を手助けしてくれる存在のことを広く意味します。反対の言葉は、敵になります。